〜大阪シティ信用金庫スタジアム〜

Yahoo!地図情報

JR・桜島駅から舞洲アクティブバス、大阪メトロ中央線・コスモスクエア駅前からコスモドリームラインバスで大阪シティ信用金庫スタジアム前下車すぐ。

JR/阪神・西九条駅、阪神・千鳥橋駅などから舞洲スポーツアイランド行きバスで舞洲中央下車すぐ。

USJ近くにある人工島の舞洲(まいしま)緑地公園内にある野球場。 アーチが設置されている独特な外観の球場。

内野スタンド内。通路にグッズショップが出店してました

プロ野球オープン戦が開催されるこの日、行きは桜島駅からバスで現地へ。試合の開始時間にちょうど良いと思われるバスはこれ以上乗れないというくらいのギュウギュウ詰めでした・・・

駅から10分強、最寄りのバス停を降りると球場は目の前。坂を上って正面入り口ゲートへ。

平日デーゲームの試合のチケットはエリア自由席。という事で入場して適当な席を確保してから場内散策。

内野スタンド

ライト外野スタンド

スタメン。カタカナは4文字まで?
(補記:マクブルーム、デビッドソン、ゴンザレス)

試合前、両監督によるメンバー表提出を経て試合開始。

プロ野球オープン戦、オリックス・バファローズ×広島東洋カープの一戦。

先発はオリックス・山下舜平大、広島・床田寛樹。

初回1点ずつ取り合い。広島は2死3塁で西川がセンタ―前、オリックスは西武からFA移籍で加入した森友哉が2死12塁で同じくセンター前タイムリーヒット。

2回、オリックスが突き放す。2死満塁で中川が左中間を破る走者一掃のタイムリーツーベース。

その後は徐々に広島が追い上げ。4回にデビッドソンが左中間へソロホームラン。5回には代わった本田から2死12塁のチャンスを作り、西川が本日2本目のセンター前タイムリー。

そして7回、コットンから田村がライトスタンドへソロホームランを放ち4−4の同点に。

その後は両中継ぎ陣が無失点に抑え、オープン戦規定により9回引き分けで終了。

オリックス満塁のチャンス

広島・松本竜也×オリックス・ルーキー内藤鵬

帰りは2年後の2025年に大阪万博が開催される予定の夢洲(ゆめしま)を通るバスでコスモスクエア駅へ戻りました。

夢洲はまだほとんど何もない更地でしたが多くのトラックが行きかっていて一部の道が混雑。駅に着くのに30分ほどかかりました。

〜2023NPBプロ野球オープン戦〜

 広 島  100110100 4

オリックス 130000000 4

C・床田→アドゥワ→松本→ケムナ

B・山下→本田→コットン→比嘉→平野佳

HR:C・デビッドソン、田村

(2023.3/17 特別自由席)

1塁側スタンドからオリックス・バファローズの
2軍メイン球場と室内練習場が見える

ウィキペディア(Wikipedia)「舞洲ベースボールスタジアム」

TOPへ戻る

inserted by FC2 system