〜日産スタジアム〜
Yahoo!地図情報

横浜F・マリノス ホームページ
横浜FC ホームページ

JR/横浜市営地下鉄・新横浜駅から徒歩約15分。
JR・小机駅から徒歩約10分。


Jリーグ・横浜F・マリノスのホームスタジアム
Jリーグ・横浜FCの準ホームスタジアム

2002ワールドカップの決勝戦が開催された競技場。日本代表がW杯で初勝利(日本1−0ロシア)を挙げた場所でもある。
試合当日、大体の方は新横浜駅から向かうと思いますが、横浜線で1つ隣の小机(こづくえ)駅からの方が近いので、そこから徒歩で現地へ。ただし道中お店はありません。(観戦客目当ての露店はありました)

競技場へ向かうと←の写真のように全体が見えてくるので更に少し歩いて到着。
小机駅からだとメインスタンド側に到着しました。新横浜駅からだとバックスタンド側に到着のようです。

今回はホーム自由席チケットという事でマリノス側サポーター席〜バックスタンドアウェー側あたりまでが割り当てられている席。
という事で回り込んでバックスタンド側へ。
バックスタンド側通路から
バックスタンド通路
マリノスグッズショップ
バックスタンド2階席
バックスタンド2階席より
バックスタンドアウェー寄りの隅にこんな子供向け
アトラクションがありました
イベントで横浜市のマスコットキャラ勢揃い
横浜F マリノス×川崎フロンターレ
マリノスサポーター コレオグラフィ
試合開始までまだ1時間半くらいありましたが、すでにマリノス側1階席はほぼ満席。という事で中心に近いアウェー側に席を確保。アウェー側と言っても周りはほとんどマリノスサポーターでした。

この日は横浜開港記念試合という事で、特別なデザインのレプリカユニフィームが貰えるチケットが好評だった+神奈川ダービーという事で観客数4万人超え。

開始直前にはマリノスサポーターがそのユニフォームデザインを再現したコレオグラフィを披露してました。
連勝中の横浜FMと優勝争い中の川崎の一戦。

中村憲剛を中心に細かく繋いで崩す川崎と齋藤のドリブル突破などでチャンスを作る横浜FMという展開は27分、ペナルティエリアの攻防からのこぼれ球を後ろから走り込んできたエドゥアルド ネットが強烈なミドルシュート。これが左隅に決まって川崎が先制。

その後も川崎がシュートチャンスを多く作るも前半はそのまま0−1で折り返し。
スタメン
試合開始
後半開始からマルティノスを投入した横浜FMがようやく前への推進力を得てチャンスを作る。

しかし30分過ぎ、ペナルティエリア内で小林悠を倒しPKの判定。これを大久保が右上へ決め2点差に。

追う横浜FMは喜田、カイケを投入するも得点は奪えず、0−2でアウェーの川崎勝利。
 〜2016 J1 1st 第15節〜
 横浜F・マリノス0−2川崎フロンターレ
 得点:川・エドゥアルド ネット、大久保

(2016.6/11 ホーム自由席)



帰りは徒歩で新横浜駅へ行き帰りました。
マリノスコーナーキックのチャンス
(キッカー中村俊輔)


ウィキペディア(Wikipedia)「横浜国際総合競技場」

TOPへ戻る

inserted by FC2 system