〜等々力陸上競技場〜
Yahoo!地図情報

川崎フロンターレ ホームページ

JR/東急線・武蔵小杉駅、JR・武蔵中原駅、武蔵溝ノ口駅、東急線・溝の口駅、高津駅からそれぞれ等々力グランド経由バスで市営等々力グランド入口下車徒歩約5分。
武蔵小杉駅、武蔵中原駅、東急線・新丸子駅から徒歩約15〜20分。
(試合日:武蔵小杉駅からシャトルバス)


Jリーグ・川崎フロンターレのホームスタジアム

アクセス方法は色々ありますが、この日は新丸子駅から徒歩(約1km)で現地へ。
屋台などが並ぶフロンパーク
スタジアムグルメ・カツ串(ヒレ肉、メンチ)
川崎側ゴール裏スタンド内
←にあるフロンターレ神社
↑にある川崎グッズショップ
川崎のマスコットキャラ・ふろん太
メインスタンド
川崎サポーター
スタメン
試合開始
スタジアムに到着して、まずは腹ごしらえに屋台が立ち並ぶフロンパークでカツ串2種類を購入して場内へ。
メインスタンド内には椅子とテーブルが設置してあったのでそこで食事。ちなみにスタンド内にも飲食店がありました。

雨が降る中キックオフ。
試合序盤はC大阪のキム・ボギョンが川崎を脅かすも徐々に川崎ペースに。
25分過ぎ、雨が強くなってから川崎が次々にシュートチャンスを作るも得点はできず。

前半終了間際に田坂から小松へ決定的パスが出るも決めきれず0−0で後半へ。
川崎コーナーキックのチャンス
雨が止んだ後半、前半同様川崎が攻勢をかけるも五輪代表ボランチコンビ・扇原と山口螢を中心とするC大阪守備陣を崩しきれず。

防戦が続いたC大阪は後半20分、途中出場した柿谷が清武からのパスでDFラインの裏へ抜け出し折り返し、中央フリーになっていたキム・ボギョンが落ち着いてフィニッシュ。アウェーのC大阪が先制。

川崎の相馬監督はすぐに矢島、楠神、田中を投入し得点を狙うも、この日は攻撃の柱の中村憲剛とレナトがいまひとつ。
終了間際のゴール前正面のレナトのフリーキックも壁に当たりタイムアップ。

結局虎の子の1点を守りぬいたC大阪が勝利。

 〜2012 J1 第3節〜
 川崎フロンターレ0−1セレッソ大阪
 得点:C大阪・キム・ボギョン

(2012.3/24 SA指定(北)席)



ウィキペディア(Wikipedia)「等々力陸上競技場」

TOPへ戻る

inserted by FC2 system