〜駒沢陸上競技場〜
Yahoo!地図情報

東急田園都市線・駒沢大学駅から徒歩約15分。
東急東横線・都立大学駅から徒歩約20分。
渋谷駅西口−田園調布駅、渋谷駅西口−等々力、恵比須駅−用賀駅、自由が丘駅から東京医療センター行き、それぞれバスで駒沢公園(西口、東口など)で下車徒歩数分。


冬の高校サッカー選手権の会場などにも使用されている、駒沢オリンピック公園内にある陸上競技場。
メインスタンド
駒沢大学駅から徒歩で現地へ。
この日はJ3、FC東京U−23×AC長野パルセイロの試合が行われる日。
今回はただ試合を観戦しに行ったのではなくお目当てがありました。
それは『久保建英(くぼたけふさ)選手のJデビュー戦』です。

FCバルセロナの下部組織で活躍しつつもクラブのゴタゴタでFC東京へ来た、2001年6月生まれなので現時点(2016年11月)で15才の新鋭。
Jリーグ史上最年少記録での出場予定日。
試合前練習。マスコミ陣が異例の多さ。
更に急遽この試合にスポンサーも付いた
久保はサブで登録
FC東京マスコット・東京ドロンパ
スタメン
選手入場
試合開始
FC東京のスタメンにはつい前節にJ史上最年少出場を記録した平川怜の姿も。

前半、相手のゴールネットを揺らしたのはメインスタンドから見て右から左へ攻める長野。
前半17分、左コーナーキックに松原が頭で合わせ右上へ先制ゴール!
更に32分の長野、これもメインスタンド側から。ロングスローに走り込んできた大島が足で合わせ、キーパー横っ飛びも届かず右隅にゴール!

0−2で長野のリードで折り返し。
久保建英、後半開始時に出場
FC東京U−23コーナーキックのチャンス
久保は残り2〜30分からかな?と思っていた所、意外と早く後半開始と同時にピッチに。
15才5ヵ月1日でつい先日の平川の記録を抜いて最年少Jデビュー。

久保を投入して反撃したいFC東京U−23は後半25分、左サイドからのクロスを林がヘディング。これが右隅に決まり1点差に。

久保はうまいトラップや前線へのスルーパス、ペナルティエリア内でのドリブル突破など片鱗を見せましたが、追いつくことはできず。
1−2でアウェーの長野が勝利。
久保Jデビュー戦をFC東京U−23としては最多の観客数7653人が見届けました。

 〜2016 J3 第28節〜
 FC東京U−23 1−2 AC長野パルセイロ
 得点:東・林容平 長・松原優吉、大島嵩弘

(2016.11/5 メイン中央自由席)



ウィキペディア(Wikipedia)「駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場」

TOPへ戻る

inserted by FC2 system